なちのプロフィールはこちら

周りの目を気にして離婚できないなんてダメ!世間体が厳しくならない伝え方4選

離婚

「離婚したら周囲にどうみられるのか不安で離婚できない」
そう思っていませんか?

 

たしかに結婚して数年で離婚したなんて、祝福してくれた友人や会社には伝えづらいですよね。

 

でも、実際離婚を経験した人たちに聞くと、そこまでひどいことを言われた人は少ないんです。

 

私も20代で離婚するにあたって、どう見られるか不安で、離婚するか悩んだ時期もあります。

 

実は、伝え方一つで、離婚を報告するときの反応も変わってきます。

私も最初は上手く伝えられませんでしたが、何人もの人に伝えているうちに、ひどい反応が返ってこない伝え方がわかってきました。

 

あなたが世間体を気にして、離婚をためらっているなら、本文を読んで決意を固め、つらい結婚生活を終わりにしましょう!

 

スポンサーリンク

なぜ世間体の何が怖いのか?

「世間体」と一言で言っても、離婚経験者へのどんな反応が怖いのでしょうか?

 

うわさが広まること

特に狭い世界だと、うわさ話は光なような速さで広まります。

地方などの少人数のコミュニティだと、顔を合わせるだけで、他人の生活に口を出してくる人もいます。

こういう場合は、両親や親族から離婚を反対されることもあるでしょう。

 

会社での評価が悪くなる

離婚により、昇格や昇給に影響が出るのではないかと思う時もあるでしょう。

一部の会社では、今でも「結婚して一人前」と考えているので、「離婚をするということは、性格に重大な欠陥があるのではないか」と判断されることもあります。

実際には、露骨にそんな人事評価をしたりはしないでしょうが、離婚後に荒れて、上司や人事と揉めたりすると、昇給に値しないと判断されてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

親世代の反対

今や3組に1組が離婚する時代ですが、一昔前までは、離婚は珍しいものでした。

その理由は、女性が経済的に自立していなかったから、いやいやでも結婚生活を続けていたというのが大きな要因の一つです。

しかし、年寄りはそんなこと気にせず、「離婚=未熟者」と判断する人もいます。

そんな考え方の地域が地元ならば、親が周りの目を気にして、離婚に反対することもあります。

 

こうやって文字で見る分には、「大したことないな」と思うかもしれませんが、自分のこととなると、不安になってしまいますよね。

当然のことです。

では、実際どうなるのかを、私の経験を見ながら想像してみてください。

 

周りの反応は次のような感じでした。

 

周りの反応

賛成してくれた(主に既婚者)

実は、事情を話すと

「それは別れて良かったね!」

「えらい!よく決断したね!」

と賛成してくれた人が多かったです。

 

ただし、これはきちんと事情を説明できた人だけ。

大多数には離婚理由も説明できないままなので、わざわざ声をかけてくる人だけです。

 

「私も(俺も)、子どもがいなかったら別れてると思う」

こんな反応が一番多かったです。

 

または

「うらやましい!私も相手のこと嫌になっちゃったから、別れようかな〜」

など、自分たちの夫婦生活に、少なからず不満を持っているので、賛成してくれます。

 

本当にそこまで思っているかは分かりませんが、周りはみんな幸せそうに見えたので、同意をしてくれるのは精神的には助かりました。

 

たとえて言うなら、転職する同僚にかける言葉と同じようなイメージです。

言った本人は、今の状況を変えるつもりはないけれども、ちょっと嫌なところもわかるので、転職する人には少しは同意する言葉をかける、そんな感覚です。

 

合コンや遊びに誘われる(主に独身)

結婚して距離が遠くなっていた独身の友達からは、声がかかるようになりました。

30歳前後になってくると、周りがどんどん結婚し出す、または子どもが生まれてくるタイミングなので、昔のように遊び仲間を確保するのが難しくなってくる時期です。

私は、独身の友達が焦り出すタイミングで離婚したので、友達の安心材料として扱われることが多かったです。

 

離婚後は、すぐに次なんて考えられない心境でしたが、会って喜んでくれる友達がいるのは心の支えになりました。

もっとも、合コンに行ったところで、気持ちは晴れなくて悩んだこともありましたけど。

 

理由は慎重に聞かれる

理由を聞かれることがありますが、気を遣ってくれるので
「理由って聞いても大丈夫?」ちょっと慎重な感じで聞かれることが多かったです。

 

慎重に聞いてくれる分には、相手が上から目線で聞いてくることは少ないので、安心して話せます。

 

たまに上から目線「こういうことがダメだったんじゃない?」と要らないアドバイスをくれる人がいますが、
離婚に限らず、そういうテンションで話す人でしょうから、気にしないか、言わなければいいです。

 

親族は落ち込む

本人たち以上に、親や親族が気にすることもあります。

 

自分たちは、意外に悩んで出した結論なので、納得をしているのですが、親族が理解しない、納得しないことはあります。

 

親の場合、結婚を失敗したから、というより自分の子どもにつらい思いをさせててしまっていることに、心痛めます。

それを親が気にするようであれば、こんな風に伝えれば、親も心が楽になります。

「実家に帰ってきて幸せだよ!」

「お母さん(お父さん)に相談して、別れて戻っておいでって言ってくれたから今があるよ」

 

一方、祖父母など年配の考え、もしくは厳格なルールを守る地方の人の考え方からすると、離婚自体を恥ずかしいものとする傾向があります。

「出戻りなんてかっこ悪い!」

こんな言葉をかけられることもあるかもしれません。

 

こんなことを言われるような親族がいれば、報告するとしても事後報告でいいです。

ただでさえ厳しい決断をしたのに、さらにストレスを溜める必要はないからです。

 

嫌な反応をされないための対策

離婚した理由は一言で説明する

離婚理由は一言で説明すると、印象がいいです。

 

例えとして、次の2人の説明の例を見て下さい。

離婚理由?共働きに理解がなかったからだよ

私だって働いてるのに、毎日遅く帰ってきて、ご飯を作ることもなくぐだぐだしているのを見ていてイライラした。何度言っても直してくれないし、自分が大切にされてないんじゃないかと思って、すごい不安だったから、もちろん何度も話をしたけど、全然分かってもらえなかった。そんな生活を3年もしてたら、お互いストレスになって、離婚することにしたの

 

どちらの女性の意見にあなたは共感しましたか?

 

おそらく前者だと思います。

一言で説明して、それが皆が納得するような内容であれば、突っ込みを入れる隙をなくすことができます。

2番目の女性は、実際の思考回路でしょうが、言葉にするとただグチグチ言っているだけの人に聞こえてしまい、中身が入ってこないのです。

「旦那さんが、この人のことを嫌になった理由がわかる」と思われてしまうと、離婚の原因もあなたが原因のように錯覚されてしまいます。

 

だから、別れた理由は簡潔に一言で説明する必要があるのです。

 

補足ですが、もしも旦那の不倫など、どうしても言いたくない理由の場合には、「言いたくないくらい、いろいろあったから」と言えば、普通の人なら、大人の対応をして、それ以上聞いてこないでしょう。

 

離婚報告は必要最小限で良い

離婚報告をするのは、必要最小限にしましょう。

会社だと、上司や人事総務等、および仲良しの同僚ぐらいでいいと思います。

仕事とプライベートは別です。
誰かが結婚したら、その人の仕事が変わることは無いですよね。
同様に、誰かが離婚したからといって、仕事が変わることはありませんので、わざわざ広める必要はありません。

一気に拡散すると、まだ傷が新しいうちに、いろいろな人から質問などが来ます。
しかし、徐々に広まっていけば、あなたの心の傷が癒されてた頃に伝わる人もいるでしょう。

だから、最初は上司や総務と必要な最小限の人への報告だけにしましょう。

 

名前をそのまま使い続ける(可能なら)

会社で周りの人にばれるのを恐れるなら、可能なら旧姓を使い続けましょう。

 

いまだに女性のほうが、結婚や離婚で名字が変わることが多いですよね。
なので、周りも名字が変わったら「何かあったんじゃないか」とすぐに探りを入れてくることが多いのです。

 

会社によっては、戸籍の姓が変わっても、旧姓のままで仕事ができます。
なお、私は結婚しても旧姓を使い続けていたので、離婚したときにも当然名前は変わらず、だれにも何も気づかれませんでした。
可能なら、旧姓を使い続けるのもいいでしょう。

 

無理に明るく振る舞わない

周りに気を遣わせるから、と無理に明るく振る舞うことはしないほうがいいです。

 

多少強がりたい気持ちはあると思いますが、「離婚してせいせいした!」という態度で話してしまうと、
相手によっては、「この人はたたいても大丈夫な人だ!」と思われてしまいます。
同情は得るために演技しろとまでは言いませんが、周りに同情してもらうくらいのほうが、変なことを言ってくる人は減ります。

もちろん、落ち込んで仕事もままならないような態度は逆効果なので、ご注意を。

 

世間体を気にして離婚できない人に考えてほしいこと

自分の人生として選ぶべき

あなたの人生はあなたのものです。

このままだと数十年つらいと思うのであれば、離婚も選択肢に入れるべきです。

家や会社や世間体を気にして、我慢して結婚生活を続けたとしても、だれも責任をとってくれません。

あなたの人生はあなたが幸せを掴むべきです。

世間体を気にせず、自分が思った通り行動をしてください。

 

アドラーの心理学では、「他人の評価は、他人の問題。自分が出来るのは、自分の行動だけ」という考え方があります。
ベストセラーになった「嫌われる勇気」にも、わかりやすく載っています。
周りを気にして行動できない主人公の葛藤が、あなたの悩みとかぶるはずです。

 

周りは意外に気にしていない

実は、あなたが思っているほど、周りは気にしてはいません。
今の時代、3組に1組が離婚しているとも言われる時代。
今は周りの人も、珍しくない話です。
年齢を重ねていくにつれて、知り合いが離婚したいう話は聞きます。

 

誰かが結婚したらしいという話と、同じようなテンションで、誰かが離婚した話が広まるのです。
また、伝えている人たちも、「事実を伝えている」だけで、人間性を否定するために話す人はほとんどいません。
あなたが真剣に悩んで出した結論が、離婚であれば、周囲の人も理解をしてくれるはずです。

 

あなたが思っているほど、周りは深刻に考えていません。
それより気になるあなたの気持ちを優先させてください。

 

準備はしっかりする

結婚する前に準備だけはしっかりしておかないといけません。
離婚すると決めてから、財産分与などで揉めるケースは多くあります。
二人で話し合いだけで決めようとすれば、精神的にも、体力的も疲弊するだけです。

 

そんなときは、事前に弁護士に相談してみるのがベスト。
【無料】離婚相談サポートでは、あなたの状況をお伺いして、最適な法律事務所へ連携してくれるサービスです。
まずは、どんなところがあるのか問い合わせだけでもしてみましょう。
弁護士さんは敷居が高く感じられるかもしれませんが、親身に相談にのってくれます。

私の反省としては、先に離婚すると決めてしまってから財産分野の話し合いをしたので
2ヶ月以上をかかって、やっと別れられました。
離婚自体もショックでしたが、こんなくだらないことで話し合わないと、離婚届すら出せないのは恐怖でした。
あなたはそんなことにならないように、事前に弁護士相談をして、理論武装して話し合いに臨めば安心ですよ。

離婚
スポンサーリンク
シェアする
なちをフォローする
総合職女子の資産形成術

コメント

タイトルとURLをコピーしました