なちのプロフィールはこちら

早く結婚したい人必見!スピード婚ができた作戦公開します

相手選び

こんにちは!

 

結婚しなくてもいい世の中ですが、やっぱり結婚したいという人は多いですよね。

私も一度は20代で結婚したのに離婚してしまったので、アラサーバツイチでハードルは高かったです。しかしどうしても子どもが欲しかったのでいい人がいたらすぐにでも結婚したいと思っていました。

 

実は私、一度目も二度目も、付き合ってから結婚を決めるまでは半年くらいしかなかったのです。

自分からも仕掛けましたが、最終的にはきちんと相手からプロポーズをされるところまでしっかり計画していました。

 

友達にも「よくそんなに早く結婚できたね」と言われた、スピード婚の極意をお伝えしたいと思います。やはり最初が大事ということで、付き合う時に条件を出すのと、その後のお付き合いの中でしっかり見極められれば、よっぽど鈍感な人でなければ早くに「結婚しよう」と言ってくれると思います。もちろん、しっかり自分を結婚にふさわしい相手だと思ってくれることが前提ですが。

 

スポンサーリンク

付き合うときの条件

結婚を前提とはっきり伝える

これはタイプが分かれるのかもしれませんが、私ははっきりと最初」に「結婚前提で付き合う」と言っています。向こうが結婚する気がないのに付き合っていたら、ただの時間の無駄にしかならないですからね。

年齢でどうこう言うつもりはありませんが、やはり若いうちに結婚しておきたいならしたいじゃないですか。私も、子どもが欲しくて欲しくてたまらないから、離婚したわけですし。アラサーだから、アラフォーだから遅いとか、そんなことは言うつもりありません。でもあとで後悔しないように、自分の人生は自分で切り開くことが重要です。

 

このように結婚前提だと伝えておくことで、「ただ楽しく一緒に過ごす時間」から、「将来一緒に過ごしていけるか考える時間」にランクアップすることができます。普通だと、付き合ってしばらくしてから考えると思います。それじゃ遅いです。というか、相手のことを分かったつもりになっていても、結婚を前提にした目で見ないとわからないことがあることを伝えたいです。

 

具体例で説明しましょう。私の一度目の結婚の時の話です。

学生時代から知り合いだったため、お互いのことはよく分かっていました。恋人としても楽しい時間を過ごしましたし、私が旅行好き、仕事を続けることなども、友達全員が知っている状況でした。それなのに、結婚したら「仕事は好きでしているのだから、家事もしっかりやってほしい」などと要求してくるようになり、結局は恋人だから「仕事続けたいならいいよ」と言っていただけであることが判明。本人が将来の生活を見据えて発言しないと絵に描いた餅になるのです。

 

また、結婚前提と言っているなら、いろいろな価値観も合わせやすいです。親や兄弟の話も聞きやすいですし、結婚式のイメージなども付き合っている段階から話すことが出来ます。このあたりも結婚式までのスケジュールを早めることが出来るのでおすすめです。

 

マイナス条件は事前申告

再婚相手と付き合う時に「私はバツイチです」と事前に申告してお付き合いを開始しました。このようなネガティブ情報は、付き合う前に言っておけば誠意ある行動としてみなされます。逆に、結婚が決まってからなど後出しだとそれだけで、相手の印象を悪くしてしまうので注意しましょう。

 

先に話しておいたほうがいいと思うのは、「一度精神を病んだことがある」とか「昔はどうしようもなくデブだった」とかでしょうか。見た目の特徴くらいなら別に言わないと思います。年収を詐称している人は付き合う前に言っておかないと、結婚詐欺と言われるので注意しましょう。

 

可能な限り家庭生活を体験

一度目の結婚で失敗したことの反省の一つです。好きな人にこれを条件に出されて断る理由は特にないと思うので言ってみてください。

家庭的かどうかを重視するなら、楽しく遊びに出かけるだけでなく、月に一度以上は「家でご飯を作る」「家で一緒に過ごしてみる」など、家庭生活を体験する時間を設けたほうがいいでしょう。一度だけなら、その場限りで取り繕える人もいますが、何度もやっていると絶対にぼろが出ます。

またその時の注意点として「張り切って全部やることはしない」です。10年後も全部やっていたいなら別ですが、私は極力手を抜き、相手にやってもらうスタンスでいます。なぜなら、最初にやった人が一生やることになるからです。これ、うそのような本当の話です。役割分担なんて、全部話し合いできめられるわけもないので、必然的に「前回やったから次もやる」となっていきます。いい女アピールしたい気持ちはぐっとおさえましょう。

 

とはいえ、何もせずアピールできるはずもないのでおすすめなのが、一緒に料理を作ったうえで「一緒に作るって楽しいね!また土日だけでもこうやって一緒にやれたら嬉しい」とでも言っておけばいいのです。料理に限らなくてもいいですが、やってほしいものは一緒にやって、いざという時は相手ができるようにさせておけばいいのです。

ヌレヌレ

 

付き合ってからの見るべきポイント

家庭的かどうか

上記のように、一緒に家で過ごす体験をする中で分かってくるとは思いますが、結婚生活を円滑に進めるのはやはり家庭的かどうかだと思います。結婚はドキドキするものでも、常にテンションがあがるものでもありません。日常を一緒に楽しめるかどうかが重要です。なので、一番ストレスなく、負担なく自分がいられる環境なのかを確かめてみてください。

 

私は家事をやってくれることを前提に話していますが、「優しい言葉をかけてくれる」「早く帰ってくる努力をしてくれる」などでもいいと思います。自分が家庭生活をどう営んでいくか、イメージ出来て、相手がそれに合っているかどうかを考えればいいと思います。

 

もちろん、合わないからと言ってすぐにダメというわけではありません。そこは話し合いをして、意識をすり合わせることが重要です。

 

将来に対する考え方の共有

共働き希望

私の場合は共働き希望という明確な方針があったので、きちんと伝えていました。まあそれでも一度目の結婚は相手が話半分でしか分かっていなかったのでダメでしたが。

出来るだけ具体的に話をするといいと思います。普段から帰り時間はこれくらいだから、例えば帰りが9時を超える日はご飯は作らないで2人で外食する、またはパートナーが作ってくれるようにするなど。

今は仕事が辛いけど、転職したい、一度やめるけど子どもが〇歳になったら働き始めたい、などそれぞれの考える働き方や生き方があるはずです。相手にきちんと話して、納得したならば結婚してもいいというハードルはクリアしたことになります。

 

子どもが欲しい

ここも大きく価値観が分かれるところです。私の場合は、結婚する前から子どもが欲しいと言い続けていましたし、再婚相手も大の子ども好きでしたので、良かったです。万が一子どもが出来なくても、という話も付き合っているときからしていたので、とてもスムーズでした。

中には子どもはいらないという人もいるでしょう。また不妊だったとしても治療をして子どものできる可能性を模索したいという人もいるでしょう。ここの価値観で別れてしまう夫婦もいるくらいですので、結婚前にしっかり話し合うといいと思います。

そんなの早くて話せない!と思われる方もいるとは思いますが、離婚するくらいなら結婚しないほうがいいということも考えたほうがいいですよ。離婚はとても心身にきます。先にすり合わせできる価値観は話しておくことをおすすめします。あとで考えが変わればまたその時話せばいいのです。

 

お出掛けする生活がしたい

私はかなりアウトドア派なので、頻繁にお出掛けする生活を夢見ていました。2人の時にはどういうところに出かけて、子どもが出来たらどういうところ、大きくなったらどういうところなど、具体的に話をしていました。

たまに家から全く出たくない、平日遅くまで働いているので土日は家にいることが幸せだという人もいます。自分がどういう休日を過ごしたいのか、相手がどうしたいのかをしっかり確かめましょう。

お互いがお互いのやりたいことをやるために別々に過ごす、というのも選択肢の一つだと思います。お互いが納得した上での話ですが。

 

自分が合わせていけるかどうか

ここまで価値観のすり合わせができてきたら、あとはあなたが相手に合わせていけるかどうかです。

どうしても趣味のゴルフは月に一度行きたいとか、家にずっといるのが好きだから外出はほとんどしない、とかいろいろな価値観を持っているはずです。

数十年一緒に生活していく上で、何が良くて何がよくないのか、現段階の自分の考えにマッチするかをしっかり見極めてください。

 

結婚はゴールではありません。

スタートを切れる相手かどうか、焦りなどを抜きにして、じっくり考えればおのずと見えてくると思います。

 

このセリフで攻めてみよう

最後に、結婚を渋る相手に対して、試してみてほしいセリフを紹介します。

何歳で親になりたい?

もしも子どもが欲しい相手であれば、結構効きますよ。一般的には、結婚式までに1年、妊娠してから出産までに1年とかかりますので、早めに決めないといけないと思っている人には効果的です。あまり若いと効かないかもしれません。

 

〇年後には異動で生活が変わるかも

転勤があったり、働き方が変わる可能性があるなら、今落ち着いているタイミングでいろいろなイベントを進めましょうという提案もいいと思います。焦らせてもいけないのですが、「もし転勤になって東京を離れたら、いちいち新幹線に乗って結婚式の打ち合わせしないといけなくなるね」などと言ってみれば実感がわくと思います。

 

以上、私のスピード婚の極意でした。活用できるものはぜひ活用してみてください。

乱文失礼しました。何かあればコメントください。ではでは。

相手選び
スポンサーリンク
シェアする
なちをフォローする
総合職女子の資産形成術

コメント

タイトルとURLをコピーしました