なちのプロフィールはこちら

共働きの家計不安は「働き続けること」と「○○」で解決

不動産投資

結婚して共働きだけど、将来も今までのように働けるか、どんな生活が送れるか不安ではないですか?

女性活躍と言われて、必死に働いてきているのに、結婚、出産、夫の転勤、介護…人生の転機になると、働き方や働く場所を変えなきゃいけないのは、女性ばかり。

仕事は楽しいけど、キャリアを生かした働き方をいつまで続けられるかわからない世の中に、嫌気がさしていませんか?

 

そんな不安を解消するには「働き続けること」「不動産投資」が最強の選択になります。

働けるうちに働いて、資産を作る。

その資産から収入を得ることが、資本主義社会の勝ち組になれる唯一の方法なのです。

「結婚したから働き方を変える」人は大勢いますが、「結婚したから、不動産投資をしよう」という人はまだ少数です。

私は子どもを産む前は、将来への不安で夜も眠れない日々が続きましたが、産休中に買った不動産の収入があるだけで、将来への不安が1/3になったことを実感しています。

このサイトを見つけてくれたあなたには、この実体験をお伝えできます。

子どもが生まれる前に動きだすのでは、遅すぎます。

本文を読んで、本来のあなたらしい生き方をするためにどうすべきか、できることから始めてみてください。

 

スポンサーリンク

共働きを続けるとこうなる

共働きファミリーは、共働きを続けることが最善策です。

夫婦や家族の記念日に、おしゃれなフランス料理を食べたり
子どもが、「私立の大学に進みたい」と言っても賛成できたり
ふるさと納税を使って、お肉やカニを大量にゲットできたり

そんな生活ができる共働きを、やすやすと手放してはいけません。

生涯年収

働き続けたときの生涯年収を知っていますか?
実は、定年まで働き続けると、2億円以上になるんです。
一方、結婚出産後に退職すると、○○万円と、
仕事を辞めてしまうと、実に最大2億円の機会損失になるんです。

2億円あれば、たまに豪華な食事をしたり、
旅行に行ったり、子どもの教育費にあてたり、将来の貯えにしたり、
使い道は多くあります。

どうしてもという場合を除いては、共働きを辞めてしまうことは
2億円を捨ててしまうことになるので、辞めない努力をしましょう。

家事と仕事の両立がストレスになることは多くあります。
そんなときには、こちらの記事を参照してください。

 

年金

年金という意味でも、共働きで厚生年金がもらえると、毎月8万円以上変わってくることになります。

仕事を辞めてしまうと、国民年金しかもらえません。

夫婦ともに定年まで働く場合
夫 16万6120円 + 妻 10万2131円

夫は定年まで働き、妻は専業主婦の場合
夫 16万6120円 + 妻 6万4941円

国民年金のみ
夫 6万4941円 + 妻 6万4941円

※国民年金は、平均標準報酬で40年加入した満額
厚生年金は、厚労省「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」平均額より算出

 

年金制度に不安はありますが、少なくとも厚生年金がもらえるのであれば
老後のための貯蓄も少なくて済みますよね。
長い目で見ても、仕事を辞めずに続けることは大きなメリットがあるんです。

 

税制優遇

住宅ローン減税やふるさと納税をしっかり活用できていますか?

住宅ローン減税とは・・・
住宅ローンの年末残高に応じた控除額が、10年間にわたって所得税から控除される制度。
所得税が給与から天引きされているサラリーマンの場合は、確定申告などで納めた税金が精算され、戻ってきます。
ふるさと納税とは・・・
地方への寄付金制度。
年収に応じて、自己負担2,000円で、各地方の返礼品をもらうことが出来ます。
例えば、400万円の年収があれば、ざっくり42,000円まで、この制度を使えます。

このような税金の優遇制度は、ふつう給与所得がある人(=サラリーマン)が使うことが出来ます。
しかし、夫婦で共稼ぎの場合には、ダブルで使うことが出来るんです。

そもそも、日本は累進課税なので、所得が高くなれば高くなるだけ、税率も上がっていきます。
1人が1,000万円稼ぐより、2人の世帯年収が1,000万円のほうが、支払う税金は安くなります。
それに加えて、税制優遇制度を使えるので、さらにお得です。

支払う税金が少なくなるということは、給料が変わらないのに、手取りが増える(または戻ってくる)ことです。

共働きで、税制メリットを生かすと、手元に残すお金を増やせるので、非常にお得です。

 

ケガや病気のとき

二人で働いていれば、万が一、夫がケガや病気で、長期間働けなくなったとしても、収入がゼロになることはありません。

収入が下がることはあっても、なくなることがなければ、生活を切り詰めたりすることで生活することはできますよね。

収入だけでなく、家事や子育ても1人にすべてを頼ると何かあったときにリスクが大きいので、二人で働くことが最大のリスクヘッジになります。

 

不動産投資をするとこうなる

不動産投資をしていると、お金に困ることが少なくなります。

働けなくなっても家賃収入は入ってきますし、
生命保険に毎月多くを支払っている金額も見直して、
手元に残るお金を増やすこともできます。

なにより、「仕事をいつでも辞められる」という気持ちであれば、
ストレスも少なく過ごすことが出来るようになります。

 

生命保険代わり

結婚してから生命保険の見直しをしていませんか?

病気や怪我に備えて加入したと思いますが、果たしてそれは生命保険でしかできないものでしょうか?

実は、不動産を購入しても同じ効果を持たせることが出来るのです。

不動産を購入するときに、たいていはローンを組むと思います。
住宅ローンや投資用ローンには、万が一の時に備えて「団体信用保険」に加入することが義務付けられていることがほとんどです。
この団体信用保険、死んだり、高度障害になったときには、ローンを保険が代わりに返済してくれるというもの。

つまり、万が一の時には、借金はなくなり、毎月家賃の入ってくる不動産だけが遺族に残るんです。

中には「がんの告知を受けたら借金返済しなくてよい」という特約を付けられる契約もあります。

 

「借金」という形で持たないといけないのが、ちょっと気になるかもしれませんが、
「生命保険の代わり」として持っていれば、安心ですよね。

更に、この保証料は、受け取った家賃から支払いをするので、生命保険のように、自分のお財布から必ずしも出さなくてもいいのが嬉しいですね。

 

節税できる

ある程度の給与をもらっているなら、節税を考えましょう。

サラリーマンなら、勝手に会社が支払ってくれるので気にしたことはないかもしれませんが、
所得税や住民税は、結構かかっているもの。

「税金は義務だし、仕方ないよ」

そう思っているなら、もったいない。
会社勤めをしていても、税金を安くすることが出来る方法の一つが、不動産投資なんです。

普通は、「給料-税金=手取り」で、ここから必要な費用を払うと思います。

不動産投資家になると、「給料+家賃-経費」に税金がかけられるので、経費(減価償却や書籍、交通費など)によっては、税金が安くなるんです。
お金持ちの人たちは、こうやって税金を安くして手取りを増やしているんです。

手取りが増えたら、せっせと安売りのお店を探すより、簡単にお金が貯まりますよ。
こんな風に、節税できるといいことがあるんです。

 

働けなくなってもお金が入る

不動産収入は、労働収入ではないので、万が一働けなくなってもお金が入ってくるのが最大のメリット。

資産をしっかり持っていて、そこに住んでくれる人がいれば、半永久的にお金が入ってくる仕組みができるのです。

あなたは、今後も今までと同じように、働き続けられる自信はありますか?
夫の転勤があるかもしれない
子どもが生まれるかもしれない
病気になって入院するかもしれない

そんなときでも、資産(不動産)が働いてくれるなら、安心できます。

もちろん、空室リスクや地震などの災害のリスクもありますが、対応の仕方はあります。
ずっと労働だけで食べて行こうとするよりは、ずっと安定します。

 

確定申告や空室対策が必要

不動産を持っていると、確定申告や空室対策は必要なのが面倒かもしれません。

ただ、確定申告もやってみれば、そこまで複雑でもないですし、
空室対策はサブリースをうまく活用すればリスクを減らすことが出来ます。

本1冊、数%の手数料で解決するなら、どんどん使っていくのが賢明です。

確定申告も空室対策も、不動産業者に相談すれば解決することも多いので、そこまで悩む必要はありません。

 

詳しく勉強するなら

本から学ぶ

一番手っ取り早いのは、関連書籍を読むことです。

中でも有名なのは、「金持ち父さん貧乏父さん」です。
お金のために働くのではなく、お金が働いてくれる仕組みを作ることの重要性を教えてくれます。

著者の子どものころのできごとがベースのストーリーなので、誰にでもとても読みやすいです。

まだ読んだことがなければ、必読です。

専門家に聞いてみる

もう一つは、専門家に聞くことです。

不動産活用の無料セミナーなど、不動産屋さんが無料で教えてくれるものも多くあります。
不動産業者の中でも、新築が強い、中古が強い、一棟が強い、区分が強い、
エリアによっても強い弱いもあるので、いくつか回るのと、違いがわかります。

初心者であれば、区分マンションから始めると、金額も小さいですし、
いくつか分散するのも可能で、リスクヘッジになるのでいいと思います。

 

将来の不安をなくしたいなら、「共働き」+「不動さん投資」が最強です。

これから起こる様々なリスクに対応できますし、
何より手元にお金を多く残せる仕組みができます。

これらを活用しないのはもったいないです。





不動産投資
スポンサーリンク
シェアする
なちをフォローする
総合職女子の資産形成術

コメント

タイトルとURLをコピーしました