なちのプロフィールはこちら

手数料以上還元も!楽天証券での投資は楽天カードクレジット決済がお得!

証券投資

こんにちは!

楽天グループの楽天証券で、2018年10月28日より、ついに楽天カードでの投資信託積み立てができるようになります。

楽天のそこそこヘビーユーザーである私もかなり興奮していますが、

何がどうお得になるのか、メリットと注意点をまとめたいと思います。

楽天カードクレジット決済で投信積立:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。

 

スポンサーリンク

メリット

楽天証券でクレジットカードで投資信託が買えるようになって何がいいのでしょうか。

後払いで購入可能

まずクレジットカードで買えるという事は後払いができるということです。

普通は毎月積み立てるとき、給料が入ってきて、そこからお金を工面すると思います。

しかし先に購入をして、そのあとに引き落としがあるので、1か月分余裕をもって資金を投入できるのです。

銀行預金程度であればあまりメリットはないでしょうが、投資で利率が大きいのであれば1か月でも長く運用できるのは資金的なメリットがあると思います。

 

現金を移す必要がない

クレジットカードで買えるということは引き落としは普段使っている普通預金から引き落としをされます。

わざわざ楽天証券にお金を落とす必要もありませんし、楽天銀行の口座持ってない人は楽天口座にお金を移す必要もありません。

預金を移す必要がないということは振り込み手数料もかからないということです。

一般に窓口で他行あてに振り込みをしようとすると800円+税がかかります。

もし1年間毎月他行に振り込みをすると考えると9600円+税と、かなり大きな金額になります。

ところが、クレジットカード払いにすることで、手数料なくお金を移すことができるようになります。

資金管理の面からみても、普段使っている子預金口座の残高だけ見てみればよいので、

複数の口座の残高確認をする手間が省けます。

 

通常ポイントがもらえる

楽天自身がすすめているポイントの一つです。

楽天のクレジットカードで支払うと、1%の通常ポイントがもらえます。

つまり1%の利益が先に入ると言い換えてもいいかもしれません。

信託報酬(管理手数料)も安いものだと0.2%程度であります。

なので簡単に言うと、信託報酬以上のキャッシュバックがあり、かなり資金効率は良いことになります。

例えば0.2%の管理手数料がかかる投資信託を買った場合、1%のキャッシュバックがあると考えると

最初から0.8%の利益が出ているのと同じです。

相場は変動するものなので一概には言えませんが、0.8%下落までは損失はないと考えると、

かなり精神的も余裕を持って投資できるのではないでしょうか。

 

注意点

注意点としては以下2点があります。

積み立て日が選べない

積み立ての場合は毎月1日に積み立てが確定します。

別の日に積み立てをしたい場合はできませんし、つみたてNISAのように毎日投資することもできません。

ドルコスト平均法などを考えてリスクを分散したい場合、月一にしか設定できないのをどう考えるかですね。それでも毎月投資している分にはリスク分散はできますが。

 

毎月の積立に上限がある

月々の掛け金の上限は50,000円なので、それ以上投資に回したい方には一部のみになってしまいます。

普通に働いて投資に回すのであれば、たいていの人は毎月50,000円以内かと思いますので、あまり関係ないかもしれません。

毎月の積立の上限があるようにボーナス時の加算設定はできません。

普通の積み立てであればボーナス時に多く積み立てると言う設定ができます。

 

多少の注意点はありますが、楽天カードユーザでかつ、楽天銀行の口座がない方にとってはとても良い策ではないでしょうか。NISAやつみたてNISAにも使えるので、まだ使っていない人はぜひ試してみてください。

皆さんの資産形成がうまくいきますように。

ではでは。

証券投資
スポンサーリンク
シェアする
なちをフォローする
総合職女子の資産形成術

コメント

タイトルとURLをコピーしました