なちのプロフィールはこちら

独身でやっててよかったこと①ほくろ取り

自分磨き

こんにちは!

結婚出産をした今だから言えることですが、独身時代にやっていてて良かったことのひとつに

ほくろとりがあります。

別に気にしていないならいいですが、少しでもなかったらいいのにと思う気持ちがあるなら、

私の体験談と共に考えてみてください。

特に彼氏もいない時期がおすすめです。

一言でほくろ取りと言っても、やり方も費用もいろいろありますので、自分に合ったものを選んでみてください。

 

スポンサーリンク

施術方法

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーを使って、ほくろの中の水分に反応し、一瞬で熱を作り出すことで削り取る方法です。

受けられる病院が多く、施術にかかる時間も短く、手軽に受けられるものです。

ほくろを取った後は、クレーターのように肌に穴があきます。

実はほくろを断面図で見ると、皮膚の中にも入り込んでいる(球体のような形)だと聞きました。

局所麻酔をしてから打つので施術中の痛みはありませんが、

傷を保護するため1週間以上は肌にテープを貼ります。(キズパワーパッドみたいなやつでした)

テープの上からは化粧をしても大丈夫ですが、近くで見るとテープを貼っているのはばれます。

1か月~半年程度で穴の開いた肌が自己治癒力で治っていき、ほくろのない肌が再生します。

 

電気メス

電気分解ことも言われ高周波の電流が流れているメスでほくろを取る方法です。

炭酸ガスレーザーとあまり変わりませんが、麻酔と電気メスで5分から10分ぐらいで終わります。

麻酔注射を打つので、痛みも特にありません。

術後に肌色テープを貼ってもらい、1週間位で表皮がもとのように再生するそうです。

3ヶ月から半年くらい経つと、傷跡は落ち着いてきます。

 

切開法

メスで切り取る方法です。

レーザーや電気メスで取り切れない大きなサイズのものを取るときに使われるそうです。

麻酔をし、切開、その後縫合するので、30分程度と、他に比べると時間はかかります。

また抜糸のために再度通院する必要があります。

局所麻酔をするので痛みはありません。

 

スイッチレーザー

しみケアなどに使われることが多いのですが、ほくろに使うこともあります。

アレキサンドライトやYAGレーザーなどもこの一種です。

色素に反応するレーザーで正常な細胞を傷つけることがないものです。

他に比べると出力の弱い機械なので、小さめのほくろしかとることはできませんが、

金額が安いところもあると思います。

麻酔はありませんが、ゴムでぱちんとはじかれたような痛みがあります。

10分程度で終わります。術後は一時的にに色が濃くなってかさぶたのようになり剥がれ落ちます。

 

取ってよかったこと

肌の凹凸がなくなる

私が受けたのは炭酸レーザーだったので、肌が再生するまでは小さいものは1か月

大きなものは半年ほどクレーター状態でした。

しかし肌が再生すると他の肌と同じ高さになり凹凸がなくなります。

ほくろの部分はよく見ると膨らんでいたりして、メイクののりがいまいちだなと思っていたのですが、

膨らみがなくなったことで、とても綺麗な肌のようになりました。

鏡を見るのがちょっと楽しくなります。

 

年をとると若く見える

私がやったのは20代後半でやったので特に気にしていませんでしたが、

30代になってからは周りの人にシミやシワができてくるタイミングです。

ほくろがないだけで顔の若さを感じるようになりました。

先に話した通り、肌が綺麗に見えるのも原因だと思います。

よく中年や高齢の方の肌を見るとシミだらけだったりしますが、そうなるにはまだまだ時間がかかりそうなので、とてもありがたいです。

 

新しい変化に気付きやすい

長年の紫外線蓄積はなかなか根深く、時間が経つにつれてほくろやしみのようなものが出てくるのは当然です。

ほくろが5個から7個に増えたところでそこまで気づかないかもしれませんが、

0個から1個になるとすぐに気づきます。

そして紫外線対策をしようと思うモチベーションになるので、私は4年ほど経った今でも毎日紫外線対策をしており、しみやほくろは新しくできていません。

これをどう思うかですが、30年間このモチベーションで対策するとしないとでは全く変わってきますので、

自分が気にする仕組みつくりという意味でもいいです。

 

良くなかったところ

保険対象外で高い

一般的には美容整形外科で行うものなので、保険の対象外にはなります。

病院によってはほくろ1つにつき1万円位かかるところもあるので、脱毛などに比べると、値段が高いです。

時間をかけていいのなら、レーザーの中でもスイッチレーザーのように比較的出力が弱いものは安く出ていることもあります。

一気に炭酸ガスレーザーで治療するほうがトータルでは安くなる可能性も高いです。

ただお金がないからと言って何回かに分けたとしても、テープを貼っている期間や

ほくろが取れない期間が長くなるので、多少目立つ時期はあるので、私は一気にやることをおすすめします。

1ヶ月くらいは顔に傷

炭酸ガスレーザーの感想ではありますが、最初の三日間はかなり赤くなり、1週間ぐらいはマスクをつけといたほうがいい状況です。

さらに1か月ぐらいはテープを貼りっぱなしにしている必要があります。

なので年末年始お盆などのお休みに合わせる形にすると、周りに会うタイミングをコントロールできるのでおすすめです。

 

おすすめの時と病院選び

タイミング

いつ試すのがいいのかと言うと、私は相手がいないタイミングがベストだと思います。

というのも、家族や彼氏は本人が考えるほど深刻に捉えていない可能性が高いからです。

相談したところで、「リスクがあるなら、お金がかかるなら別に必要ないんじゃないの?」と言われていたと思います。

私もそうでしたので、家族にも黙って行ったくらいです。

彼氏がいなくてやることがない?

寂しいから出会いが欲しい?

そう思うことは重要です。モチベーションがあるのは大切です。

ただ、ちょっと待ってください。

何も投資せず次を期待するんですか?

暇な時間があるなら、出会いを探すのもいいですが、自分をより素敵に見せる努力に1ヶ月かけてもいいんじゃないでしょうか。

私は彼氏がいないときのクリスマスにやりました。

そうすると年末年始のお休みも含めて1ヶ月ぐらいは、そこまで人に会うことなく過ごせるからです。ピンチはチャンス。

そういうタイミングをうまく利用してみて下さい。

どんなところを選ぶか

私はグルーポンでたまたまレーザー炭酸レーザーがすごく安くなるクーポンがあったタイミングでやりました。

私のように出しているタイミングは限られるかもしれませんが。

値段もよく安いクーポンだったので一気に10箇所やりましたが、

やはり肌に傷をつける施術になるので、信頼できるところでやるのがいいと思います。

有名な美容整形外科であれば、値段も相応ですが、しっかりしていますのでいいと思います。

 

やりたい時がやるべき時です。

将来に後悔のない人生にしてください。

ではでは。

自分磨き
スポンサーリンク
シェアする
なちをフォローする
総合職女子の資産形成術

コメント

タイトルとURLをコピーしました